ImmersionRC Vortex 150 Mini ARTF FPV Racing Quadcopter Drone

Immersion RC Vortex 150 ミニドローンは、Vortex250シリーズの多くの機能を搭載しています。 最新のFusion 2フライトコントローラシステム、Twin F3プロセッサ、Trampビデオトランスミッタ、TNR NFC VTXタグ、DSMXビデオトランスミッタコントロール、PitStickモード、Gen 3 ESCを搭載したVortex 150は、これ以上望む者がない程のその豊富な機能でドローン市場へ衝撃を与えます。

<機能詳細>

完全統合:フライトコントローラー、フルグラフィックOSD、ブラックボックスレコーダー、4チャネルビデオトランスミッター、フライトカメラが、プロフェッショナル外観と容易なメインテナンス性を両立させつつ接続統合されています。

Seven 32-Bit ARM Processors: Vortex 150 racer は他の殆どのミニクワッドと異なり、Seven 32-Bit ARM Processorsの機能(フライトコントローラー専用ARM、 フルグラフィックOSD、クワット背面のプログラマブルLEDボード、ARMそれぞれのための4つのハイパフォーマンスESC)をサポートしています。

Fusion2 + Tramp = Synergy: ImmersionRC ‘Synergy’ フライトコントローラーはフルグラフィックOSD、 オンボードビデオトランスミッターを新しいTrampHVデザイン上で統合しています。ツインF3プロセッサーは確実な8kHzループタイム、ベータフライト3.x のフルサポートを保証します。1mW〜600mWの工場で較正された出力レベル、グリッチフリーのチャンネル変更、マイクロパワーピットモードにより、Vortex 150はどんなレースでも歓迎されます。Synergyの重さは、Fusion Gen2の10g(ビデオ送信機なし)に対してわずか6.41gです。

ダイナミックパワーコントロール: ビデオトランスミッターのダイナミックパワーコントロール機能は、 Vortex 150が解除されたとき、またはライン上の他のレーサーからの干渉が最小限に抑えられるようにレースを開始する準備ができたときに、自動的にパワーを低下させます。

ワイヤレスビデオコントロール: NexWaveRF 5.8 GHzビデオ送信機技術は、40チャンネルのサポートを含むので、市販の5.8 GHz A / Vヘッドセットと互換性があります。 統合されたRaceBandシステムは、最大8台のパイロットを一緒に飛行させることができ、OSDを介して制御されるので、最もきれいなチャンネルを選択することはすべてRCトランスミッタで行われます。

プロチューニング: チューニングされたファームウエアはクワッドをレール上を走るように飛行させます。著名なレーサーなどが共有しているチューニングを調べ、Vortex 150にあなたのパフォーマンスニーズに沿ったデータを取り入れることが出来ます。

Bright LEDs and Lost Model Alarm: 8つの24ビットRGB LEDのセットが、テールエンドの上部フレームと下部フレームの間で保護されています。 専用の32ビットARMプロセッサを使用して、ユーザーは好きな色、ブレーキ灯、ターンインジケータ、またはあなたの想像力が想像できるものをプログラムできます。

Gen3 32-Bit 16-20A ESC’s: すべての共通規格に対応したカスタム16-20A ESCは、CleanFlightまたはBetaFlightを使用した的確に反応する飛行のためのregenerative brakingを提供します。32ビットのARMプロセッサは各ESCをコントロールし、ブラシレスモーターを駆動するにも十分な処理能力を確保します。これらの第3世代のESCには、高性能のブラシレスモータで使用するための高度なデシンク検出機能が備わっています。 もちろん、ImmersionRC ESCは革新的なロータSENSEがなければ完成しませんが、これはフィンガーのフリックで方向を指示します。 モーターワイヤーを交換する必要はありません。

カスタムV-スペックモーター: 特注の高速V-Spec 1304ブラシレスアウトランナーモーターは、高速レーティングとスピン3インチプロペラを備えており、パンチ力のある迅速な加速を可能とし、最も要求の厳しいレースコースを征服します。

ブラックボックスレコーダー: BlackBoxの飛行ログ保存用に2メガバイトのフラッシュメモリが統合されています。 この強力な機能は、非常に特殊な安定化ニーズに合わせてPIDを調整する方法(比例 – 積分 – 微分)を簡単に実現する方法で高速にデータを組み合わせます。

EzOSDによるフルグラフィックディスプレイ: The full-graphic On Screen Display (OSD) on-board は飛行のおける重要なパラメーターを提供します。EzOSD メニューRCトランスミッタとヘッドセットまたはモニタを使用して、すべてのオプションをプログラムすることができます。 いくつかのOSDレイアウトが含まれています。 飛行制御装置とのリアルタイムインタフェースにより、人工地平線、戦闘機スタイルの表示、および飛行パラメータの交換が可能になります。 すべてのOSDレイアウトには、バッテリー電圧、EzUHFリンククリティカルなどの重大な警告のスクリーンセンターアラートが含まれています。

注:ビデオ送信機を操作するには、HAMライセンスが必要です。

 

<特徴>

  • 組み立て済み(ready-to-race)
  • ImmersionRC F3 Fusion 32-bit フライトコントロールシステム
  • Future-proof BetaFlight flight controller ファームウエア (組み込み済み)
  • ProTune capability with built-in 2MB ブラックボックスレコーダー
  • オンスクリーンコントロールとテレメトリーを備えた完全なグラフィックヘッドアップディスプレイ
  • Eight 24-bit RGB LEDs and super-loud lost model alarm (installed)
  • Integrated 40-channel NexWaveRF 5.8GHz video Tx with Dynamic Power Control
  • FatShark CCD (HS1177 Sensor & Chipset)

 

<仕様>
組み立て時間:
組立は必要ありません
おおよその飛行時間:使用するバッテリーや操作スタイルに依存します
充電器: AC/DC 3S–4S Li-Po balance charger (推奨)
Completion Level: ARTF; Receiver Ready
ディスプレイ: Full-graphic with multiple layout options
メインフレームの素材: カーボンファイバー
メインモータータイプ: ブラシレス
モーターサイズ: Custom V-Spec 1306-3200Kv
プロペラサイズ: 3”
推奨モーター用バッテリー: 750mAh 3s–4s Li-Po (推奨)
ロータータイプ: クワッドコプター
サイズ/スケール: 150
重さ: <250g w/ 500mAh 4s LiPo

 

<同梱品>

  • (1) Vortex 150 Mini
  • (1) User manual

 

<別途必要なもの>

  • 送受信機(CPPM, S-Bus, Spektrum, XBus, SumH, SumD Receiver)
  • Fat Shark 5.8GHz compatible FPV ヘッドセット/または FPVモニター
  • 3S-4S 500mAh (recommended) or 800mAh (capable) Li-Po フライト用バッテリー
  • バッテリーチャージャー

※この商品は海外からの発送となります。お届けまでに3~4週間程度かかる場合もございますので、予めご承知おきくださいますようお願い申し上げます。

IRLV15MSTDUS
IRLV15MSTDUS
IRLV15MSTDUS
IRLV15MSTDUS
IRLV15MSTDUS
IRLV15MSTDUS
IRLV15MSTDUS
IRLV15MSTDUS
商品番号:IRLV15MSTDUS

ImmersionRC Vortex 150 Mini ARTF FPV Racing Quadcopter Drone

ImmersionRC Vortex 150 Mini ARTF FPV Racing Quadcopter Drone
在庫状態:在庫有り
¥59,800
数量